ローディング中

 

New Imaging Technologies社プロフィール

私たちは専門家のチームであり、イメージングに情熱を持っています。 研究開発に専念して15年になったおかげで、当社のイメージングセンサー技術は、いくつかの製品およびさまざまな市場で広く使用および採用されてきました。 当社のコアチームクラスターは、経験豊富なCMOSデザイナー、プロセスエンジニア、電子工学の専門家、ソフトウェア開発者、機械エンジニアで構成されています。 さらに、20か国以上に販売パートナーネットワークを構築しており、世界中のお客様と強力な関係を築いています。 (はい、それは本当です。取引を終了した後でも、私たちは製品の寿命に沿ってあなたをサポートし続けます)。 当社は、可視CMOSおよびSWIRテクノロジーを採用したカメラと検出器の完全なポートフォリオを提供しています。 つまり、マシンビジョン、計装、航空宇宙、医療などで当社の製品を使用できます。お客様のアプリケーションをお待ちしております!

 New Imaging Technologies(以下NIT社)はフランスの広ダイナミックレンジソリューションのパイオニアです。

 15年以上の学術研究と特許取得済みのMAGIC™ピクセル技術により、センサー設計からカメラエンジニアリングの完成に至るまでのすべてのステップをマスターしています。

 NIT社のコアチームは、光学、機械、電子のエンジニアの集まりで、経験豊富なCMOSデザイナーを擁しています。

 20カ国以上のセールスパートナーと共に、世界中のあらゆるお客様のご要望に最も効率的に対応しています。

 NIT社は、可視、高感度(I-CMOS)、およびSWIR技術を取り入れたカメラと検出器の完全なポートフォリオを提供しています。 NIT社は、マシンビジョン、機器、ナイトビジョン、バイオメトリクスなどのさまざまな市場に対応しています。

NIT社はまた、お客様の特定の要件に最適な柔軟なソリューションとカスタムデザインを提案しています。

各種資料

コアテクノロジー

対数応答を伴うHDR

NIT社のHDRセンサーは、単一の太陽電池として動作します。 洗練された低ノイズ読み出し回路は、光子によって生成された電圧を感知します。 したがって、このセットアップは、シーンの照明に対して対数応答を持つ信号を提供します。 LOG応答は非常に正確であり、従来の統合センサーとは異なり、飽和を示しません。 言い換えると、HDRモードのNITセンサーは、140dB以上のダイナミックレンジを提供できます。 当社のセンサーは、照明の変化に瞬時に適応します。

さらに、これらすべてを単一の露光時間で実現しているため、センサーを駆動するための画像解析は必要ありません。 複雑なコントロールも忘れてしまいます。

InGaAs製造プラットフォーム

SWIRセンサーとSWIRカメラの開発には、特にIII-V材料とInGaAsを使用する場合、異なる知識が必要です。

新たに開発されたプロセスにより、NITは信頼性が高く手頃な価格のInGaAsセンシングソリューションを生産できるようになりました。

高収率と低欠陥という市場の要件を満たすために、社内のハイブリダイゼーション技術が開発されました。

すべてのNIT SWIRカメラは、100%ローカルレシピを統合しています。 フランスから直接、ROICからハイブリダイゼーションまで、当社の製品はパフォーマンスの味と費用対効果を提供しますが、質問しないでください! これが私たちの「シェフ」の秘密です!

InGaAs SWIRカメラおよびセンサー

短波赤外線(SWIR)は、900nm〜1700nmの波長範囲をカバーします。 SWIRは、可視光に似ており、光子がオブジェクトによって反射または吸収され、放射光子に依存する熱画像とは異なり、高解像度のイメージングに必要な強いコントラストを提供します。

可視光を使用して実行することが困難または不可能である多くのアプリケーションは、短波赤外線(SWIR)イメージングを使用することで素晴らしい結果をもたらします。

最先端のInGaAs材料を使用して製造されたすべてのセンサーは、NIT社施設で独自の革新的な製造プラットフォームを使用して開発および製造されています。

ROICから、CMOS設計やハイブリダイゼーションを含むカメラエンジニアリングまで、NITはSWIRソリューションを手に、パフォーマンスと費用対効果をもたらします。

カタログ

WiDyファミリー– HDR InGaAs SWIRカメラ

WiDy SWIR

WiDy SWIR

NIT特許取得済みHDRテクノロジー(120dB)、TECless、さまざまな出力オプション「独自のソフトウェアとSDK:USB3.0(WiDyVISION)、CameraLink(WiDyCAM)、RS232ポートを使用するAnalog制御(WiDyCirene)および GigEバージョン」を特長とするプラグアンドプレイInGaAsカメラ。

用途

WiDy SWIRファミリは、光束を処理するのが難しいアプリケーションや環境に最適です。 120dBのダイナミクスを提供する空中などの屋外アプリケーションは、家族にとって完璧な遊び場になります。 魅力的な価格で、WiDy SWIRは十分なVGA解像度と一部の産業検査に役立つ画像品質を提供します。

WiDy SenS

WiDy SenS

デュアルモードInGaAsセンサー(線形および対数)を備えたハイエンドSWIRカメラシリーズ:使いやすく、高感度(線形応答)と高ダイナミックレンジ(対数応答)の間の市場での最良のトレードオフ、最速のゲーティング機能、 USB 3.0(WiDyVISION)、CameraLink(WiDyCAM)およびGigEインターフェースで利用可能。

WiDy SenS カタログ

Widy NaNo

Widy NaNo

NIT特許取得済みHDRテクノロジー(120dB)、TECレス、低消費電力、USB3.0出力を特長とする超小型InGaAsモジュール。専用ソフトウェアおよびSDK:USB3.0(WiDyVISION)で提供。

用途

WiDy SWIRファミリは、光束を処理するのが難しいアプリケーションや環境に最適です。 120dBのダイナミクスを提供する空中などの屋外アプリケーションは、家族にとって完璧な遊び場になります。 魅力的な価格で、WiDy SWIRは十分なVGA解像度と一部の産業検査に役立つ画像品質を提供します。

HiPeファミリー–高性能InGaAs SWIRカメラ

HiPe SenS

HiPe SenS
高性能空冷SWIRカメラ、TEC、低暗電流、長時間露光アプリケーション、USB3.0出力。専用ソフトウェアとSDK:USB3.0(WiDyVISION)とMicroManagerアダプターが付属しています。

InGaAs AWIR センサー

InGaAs NSC1201-SI

InGaAs NSC1201-SI

NSC1201-SIは、ハイダイナミックレンジモードを備えたVGA TEClessセンサーです。 差動アナログ出力により、シングルショットで120dBのSWIR画像を提供します。

NSC1201-SIは、WiDy SWIRラインに統合されています。

InGaAs NSC1601-SI

InGaAs NSC1601-SI

NSC1601-SIは、当社の主力センサーです。 NSC1601-SIは、独自のデュアルモード、純粋な線形応答を備えた高感度、および対数応答を備えた高ダイナミックレンジを特長としており、最も困難なアプリケーションの要件にも容易に対応できます。

NSC1601-SIは、WiDy SenS製品ラインに統合されています。

InGaAs NSC1401-SI

InGaAs NSC1401-SI

NSC1401-SIは、SWIR帯域でHDR画像を配信するQVGA SWIRセンサーです。 CLCC52パッケージで提供されるNSC1401-SIは、WiDy SWIRラインに統合されたTEClessセンサーです。

HDR 可視CMOSカメラ及びセンサー

NIT社は、目に見える幅広い製品を提案しています。 センサーから完全なカメラシステムまで、NIT社の製品はすべて、NIT社独自のハイダイナミックレンジテクノロジーを統合しています。 特許取得済みのPixelテクノロジーは、単一フレーム時間で非常に広いシーン内ダイナミックレンジ(> 120dB)でも、多重露光、ニーポイントの設定、外部制御なしでも、非常に安定した画像を生成できます。

NIT社の製品は、多くのマシンビジョンおよび産業用アプリケーションに適しています。 高フラックスシーンがある場合は常に、NITハイダイナミックレンジセンサーまたはカメラが必要です。

カタログ

MAGIC V カメラ

MAGIC V カメラ

USB3.0出力–独自の対数応答を備えた最大140dBのHDR

2つの解像度が利用可能:1.3メガピクセルとWVGA

MagicVISIONソフトウェアと完全なSDK(C ++、C#Windows、Linux、Python)で提供

用途

容易な統合に関しては、USB3.0出力はMAGIC Vファミリーを優れた選択にします。 HDR画像は、これまでにない方法で溶接プロセスの画像を向上させます。 ロボット工学や屋外アプリケーションでも、HDRカメラの画像の品質を楽しむことができます。

MAGIC G カメラ

MAGIC G カメラ

GigE出力–独自の対数応答による最大140dBのHDR

1.3メガピクセル

NITViewerGIGEまたはフルSDK(C ++、C#Windows、LinuxおよびPython)で提供

用途

ギガビットイーサネットMAGICカメラには、AGCなどの追加機能が組み込まれており、溶接の監視や反射材料の検査などのマシンビジョンアプリケーションでプラグアンドプレイを使用できます。 すべてのNITカメラと同様に、HDRパラメーターを探す必要はありません。画像に付属しています。

MAGIC M カメラ

MAGIC V カメラ

ミニCameraLinkコネクタを備えたCameraLink出力

独自のLogarithmic responseで最大140dBのHDR

2つの解像度が利用可能:1.3 MpixelsおよびWVGA

MagicCAMソフトウェアおよびフルSDK(WindowsおよびLinux)で提供

用途

CameraLinkの出力は、MAGIC Mファミリーをリアルタイムアプリケーションに最適な選択肢にします。 HDR画像は、ビジョンアプリケーションの画像を向上させます。 ロボット工学やリアルタイムの屋外アプリケーションでも、MAGIC Mシリーズを使用してHDRカメラの画像の品質を楽しむことができます。

CMOS センサー

NSC1003

NSC1003

NSC1003は、HDRピクセルテクノロジーを統合した1.3 Mピクセルの可視CMOSセンサーです。 ローリングシャッターと、動きの速い物体やパルス現象に対応するグローバルシャッター読み出しモードを提供します。 OLCC52パッケージで提供され、MAGIC V、MAGIC G、およびMAGIC Mカメラファミリに含まれています。

NSC1104

NSC1104

NSC1104は、15µm²の正方形ピクセルサイズを使用したWVGA CMOSセンサーです。 アナログ出力を介してHDR画像を配信します。

NSC1104は、温度を650°から1500°C以上まで測定できるサーモグラフィーアプリケーションに最適です。

ソフトウェア製品

SWIRカメラおよびモジュール用のソフトウェア NIT社のSWIRカメラには、ユーザーフレンドリーなインターフェースに必要なすべてのツールを含む完全なソフトウェアソリューションが提供されています。

すべての有用な情報を抽出し、短波赤外画像を最適化するために、処理と後処理のセット全体を利用できます。

WiDyVISION

WiDyVISIONは、SWIR USBカメラとモジュール専用です。

利用可能な最新バージョン:WiDyVISION 3.6.3

WiDyCAM

WiDyCAMは、CameraLink SWIRカメラおよびCameraLink出力付きモジュールと互換性があります。

利用可能な最新バージョン:WiDyCAM 1.2